読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喜 哀楽の考え方

私(喜 哀楽)の考えていることを、できるだけわかりやすく書いていきます。

『時間』について ~無料ゲームを考えてみる~

スマホ用無料ゲームがあふれ、景気も良いようでテレビコマーシャルまでちらほら散見されます。

無料ゲームのことを考えてみました。
有料ゲームなら『お金』という制約の元でゲームが作られて生きます。では無料ゲームは料金が無料なら何を制約として使ってゲームしているのか?を考えてみました。

無料ゲームで使っている制約は『時間』です。利用料はいわば自分の貴重な『時間』です。
『時間』が経てば自然回復するコインやハートなどのアイテムを使ってゲームを進めます。
いわば自分の『お金』ではなく、自分の『時間』を使ってゲームをしているのです。
その『時間』を節約したいと思えば『お金』を使うように設計されています。この『お金』を使ってくれるユーザーを増やすために色々なイベントを作り出して、『お金』を使いたくなるような誘惑をちりばめてあります。
無料ゲームをやめてしまえば、何も残りません。
『お金』をせっせと使ってゲットしたレアアイテムもそのゲームサービスが終了してしまえば、カードコレクションのような紙切れすら残りません。

無料ゲームに反対するわけではありません。たまの息抜きには良いと思います。
ただ利用料として自分の貴重な『時間』が使われていることを改めて考えてみてはいかがでしょうか?『お金』を使うよりもっと貴重なものを代償として支払っていることに気づきませんか?という提案です。

必ず終わりがくることが決まっている限られた『時間』。
無料ゲームをするのは、空いた『時間』を潰しているだけだという人もいるかもしれません。
しかし『時間』潰しなんていう、貴重な『時間』の無駄遣いをしている暇なんてあるのでしょうか?
必ず終わりがくることを実感していないだけだったり、何をすべきか・何ができるかを考えることすら放棄しているだけではないでしょうか?することがないから『時間』潰ししているだけなんて言い訳をしていないでしょうか?
言い訳するのをやめてやりたいことをすぐにでも始めたら、いくら『時間』があっても足りません。

やりたいことがないなんていう幸せな人は、困っている人を助けるという利他的な目標を立ててみてはいかがでしょうか?
やりたいことを探すという『知恵』をこれまで誰も教えてくれなかっただけだと私は思います。
やりたいことがないなんていう幸せな人は、周りの『時間』がないと寸暇を惜しんで行動している人を見つけて、手助けしてあげてはいかがでしょうか?
もしかしたら貴重な『時間』の素晴らしい使い方を教えてくれるかもしれませんよ。

必ず終わりがくるということの『意味』や人が急ぐのは何故か?という疑問は

 

『時間』という資源について ~『永遠の命』からわかること~ - 喜哀楽の考え方

 を読んでみてください。