読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喜 哀楽の考え方

私(喜 哀楽)の考えていることを、できるだけわかりやすく書いていきます。

大切なことは言葉や言い方を変えて何度も説明する

説明の仕方を色々内容を変えて説明しています。
その理由は一度では理解してもらえないこともあるからです。
そして説明の仕方をかえて説明することにも理由があります。
その理由は、一つの説明の仕方を何度か繰り返しても、聞いている側に概念がないなど受け取ることができない可能性があるのです。原因は基礎知識の欠如なのか、説明する側が思いもしない相手側の思い込みなのかもしれません。もしかしたら説明している側が知らない間に難しい言葉を使っているという落とし穴に落ちているのかもしれません。
そのため丁寧に説明したつもりも人によって受け取り方が様々で正確に伝わらない可能性もあるので、特に大切な内容は言葉を変えて何度も説明する必要があります。

説明が上手になるためには、相手にわかるように説明することが求められます。
そのためには何通りもの説明の仕方を準備している必要があると思います。
聞き手によって説明の仕方を変えることで、聞き手の理解度を高めることができるのです。

頭の良い人からすると、同じことを何度も説明するのは無駄だと考えられるようです。
一度言われたことを全て理解できて当たり前と思われている人もいます。場合によっては以前伝えたのに理解していないと怒り出す人もいるかもしれません。そんな人にとっては何度も言葉を変えて説明することは、時間も無駄以外の何ものでもありません。しかし残念ながら全ての人が一度言われたことを、全て正確に理解することなど不可能なのです。
一度で理解できない対策として言葉を変えて説明することで、聞いている側も説明されている内容と自分の理解している内容との矛盾がないかを確認することができるのです。

大切なことは言葉や言い方を変えて何度も説明する。
そんな説明の仕方を提案します。