読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喜 哀楽の考え方

私(喜 哀楽)の考えていることを、できるだけわかりやすく書いていきます。

自分が悪いと認められない人の心理

心理について

自分が悪いと認められない人がいます。

一言で言えば言い訳をする人のことです。

以前書いたものとは別の角度から考えてみました。

以前書いたのは、そもそも本心か潜在意識で自分が悪いと認めたくないのか、育ち方やこれまでの経験で自分が悪いと受け止められないのかもしれません。自分が悪いと認めると存在を否定される程怒られて育てられたか同様の経験をしたのではないかというものです。

今回は別の心理を書こうと思います。

本気で自分は万能で非があるはずがないと思い込んでいるのです。
であれば、非は自分にはないのが前提で自分にとっての大原則ですから、自分の非が認められるわけがないのです。

みんな出来ればかかわりたくはないのが正直な思いだと思いますが、どうしても関わる必要があれば、非を認めても大丈夫だから一緒に今後の改善策を考えようと冷静に伝えることです。非を責めないことが大切です。やってしまったこと次第では償いや代償は必要かもしれませんが、やってしまったことを認めていないうちに責めても何も解決に近づきません。
更に感情的になるとどうしても詰問調になってしまい、言われた側も拒絶感を持ってしまうので絶対感情的になってはいけません。お互い嫌な思いをするだけで何の解決にもならないからです。

イメージとしてはカウンセリングでもするように諭すしかないですね。
これまでの育ち方や経験から通常の『常識』を身につけていないまま人格が形成されてしまっているので、変えることはかなり困難です。本人が非を認めないままだと誰からも相手をされなくなって、最終的に自分が損をするということをわかるように説明してあげるしかありません。

友達でも言い訳ばかりする人は、本人に悪気があるわけではないのですが、相手のために性格をかえてあげようと思うほどの覚悟がなければ、距離を置く方が良いと私は思います。