読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喜 哀楽の考え方

私(喜 哀楽)の考えていることを、できるだけわかりやすく書いていきます。

他人を馬鹿にする人の心理

考え方について 心理について

他人を馬鹿にする人がいます。
その心理を考えてみました。
普通の人は他人を馬鹿にしたりはしません。
何故なら人を蔑む行為は恥ずかしいことだという常識を持ち合わせているからです。自分のことをわきまえていれば、自分の実力も似たりよったりで人を馬鹿にできるほどのレベルではないという自覚があるからです。実力が高ければ高い人ほど、他人を馬鹿にしなくても周囲に認められるので、他人を馬鹿にするという発想そのものがありません。他人を馬鹿にする・他人を蔑む時点で実力がない証で、周囲に少しでもよく思われたいという哀れな姿を『他人を馬鹿にする』という行為で実力のなさを知らしめているのです。


他人を馬鹿にするというより他人を馬鹿に出来るのは、自分のことを知らないからです。もしくは自分のことを隠したくて、他人を馬鹿にするのです。
そして他人を馬鹿にすることで、心理的に優位に立ったつもりでいるのです。自分自身が人を馬鹿に出来るほど立派だと周囲にアピールしたくて、他人を馬鹿にするのです。自分自身が他人を馬鹿に出来るほど立派だと自分自身に対しても自己暗示をかけているようなものです。そして他人を馬鹿にすることが良くないことを誰も指摘しないので、自分の主張が正しいと勘違いを深めるのです。
他人を馬鹿に出来るほど自分は凄いと勘違いしています。

たまたま他人を馬鹿にすることが恥ずかしいことだと知る機会がないまま、成長しているだけかもしれません。
軋轢を生じてでも守りたい大切な人が、他人を馬鹿にする人であれば、上記のことを教えてあげるべきだと思います。
そうでなければ他人を変えるのは困難なので、上記のことに気づくまでそっと離れておきましょう。