読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喜 哀楽の考え方

私(喜 哀楽)の考えていることを、できるだけわかりやすく書いていきます。

税金の使い方 子供にもっと投資したら?

教育について 政治について

税金の使い方にふと思います。

票に繋がる高齢者優遇政策ばかり作らず、子供にもっと投資をすれば良いのにと思います。

何故なら今後高齢者を支えるのは今の子供達の世代です。今の子供達の税金が高齢者の福祉をまかなうことになるのです。であれば、現時点で将来税金をおさめてくれる子供達は金の卵とでも言えるべき存在です。その金の卵にも関わらず一票という政治を動かす仕組みをもっていないがために、後回しにされています。

子供達が将来にわたり、一生のうちに収めるであろう税金の額は数千万に及ぶと思います。

しかも子育てしていない独身者が今の子供達に支えてもらうのです。子供達に投資した親だけでなく、投資していない独身者も子供達の背中にただ乗りするように印象を受けるのは私だけでしょうか?
であればそのうちの1千万程度は教育資金として投資し、将来の収入が増える手助けをすることが理に適った税金の使い道だと私は思います。子育て世代の優遇策をもう少し考えても良いと思うのですがいかがでしょうか?

何故誰もこのような考え方をしないのでしょうか?

政治家じゃなくて選挙屋さんしかいないからなのかもしれません。