読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喜 哀楽の考え方

私(喜 哀楽)の考えていることを、できるだけわかりやすく書いていきます。

70年目の広島の原爆の日

70年目の広島の原爆の日

人類の歴史の上で初めて原子力による兵器での攻撃が行われた日です。

善悪の判断という意味では様々な視点があります。日本は戦争を仕掛けた側ではありますが、何の罪もない民間人を攻撃するのはルール違反だと思います。しかしアメリカ側からすれば仕方なかったという考え方もあります。自分の命を投げ出してでも戦う日本人が理解できず怖くて仕方なかったのです。

核兵器の威力を見せつけるだけなら山を一つ消してしまえば良かったはずです。わざわざ都市に落としたのは、核兵器の人体への影響を知る目的があったことは間違いありません。

善悪を議論することに意味は有りませんが、この点ではアメリカが広島と長崎の民間人を使って人体実験をしたことを世界中に知らしめるべきだと思います。

アメリカ国内にも知らせるべきだと私は思います。

人体実験が正当化されることこそが戦争の本質です。平時の理屈は成り立たず、皆が狂ってしまったのです。人類の知恵を集めることが出来れば、戦争の無い世界を作ることが出来るはずです。

人には思いやりの心と知恵とお互いが分かり合うことの出来る言葉があるのですから。