読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喜 哀楽の考え方

私(喜 哀楽)の考えていることを、できるだけわかりやすく書いていきます。

宗教で戦争はあり得ない?

考え方について 生き方

歴史を見ても、現時点でも宗教がらみの争いがあることは事実です。
しかし本来宗教とはみんなが仲良くするために編み出されたものです。

では何故争いが起こるのでしょうか?

それは本来の教えから逸脱する人たちがいることです。
宗教そのものは私利私欲のないものです。
信じたものだけが救われるものであり、人に強要するものではありません。
だから人が何を信じようと関係がないはずなのです。

かつての宗教戦争は、自分の信じるものこそが正しい。
その正しい教えを広めるために信じないものをやっつけよう!ということです。
人が何を信じようと本来は関係がないはずなのです。
何故ならそれはその人の問題だからです。

実際争いが起こるのは、あまりに信じ込みすぎて絶対正しいと妄信したことで、本来の宗教の教えから逸脱していることに気づかず、信じない人に素晴らしい教えだからと強要してしまうのです。
多くの宗教は信じたものだけが救われるだけで、宗教の生まれた当初は人に強要することなど決して勧めてはいません。


宗教によっては神が絶対であり、他のものを信じてはいけないとしているものがあります。
それは人が自分の都合の良いように私利私欲で歪めて教えを広めることを防ぐ目的だったと考えられます。


本来みんなが仲良くするために生まれた宗教が元で、21世紀になっても争いが繰り広げられているのは残念でなりません。
みんなが宗教の本来の『目的』に立ち戻れば争いがなくなると私は信じています。

世界が平和になりますように。