読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喜 哀楽の考え方

私(喜 哀楽)の考えていることを、できるだけわかりやすく書いていきます。

説明してわかってもらえないときは

説明してもわかってもらえないことはよくあります。
同じことを繰り返してもわかってもらえる可能性は極めて低いと思います。
何故なら聞き漏らしではなく、会話の内容に理解できない部分があったはずだからです。
一対一で話をしているのであれば、わからないところを直接聞いてみるのも良いかもしれません。しかし相手はわからないところがわからない状態もよくあります。
理解できない言葉がちりばめられてしまっているため、何を聞いたら良いのかわからないのです。

対策は出来る限り別の言葉で言い換えることです。
同じような話をしているつもりでも、聞き手の経験や『知識』によっては言い換えた方がはるかに理解度が高まることがあります。
本来であれば一番理解してもらえそうなことを最初に選んで話すべきなのですが、理解してもらえなければ自分の知っている中で理解してもらえそうなこ言葉を選んで次々言い換えていくしかありません。

 

ki-airaku.hatenablog.com

 

言い換えてもわかってもらえないときは、そもそもそのことに関する概念が欠落しているのかもしれません。概念が欠落していると概念自体を大まかに理解してもらう必要があるので、言葉で理解してもらうことは困難で、かなり苦労することになります。

 

ki-airaku.hatenablog.com

 

わかってもらっているか確認することも大切です。

 

ki-airaku.hatenablog.com

 

説明に関するまとめです

 

ki-airaku.hatenablog.com